FC2ブログ
――And then, I'm at a loss.
九番目の庵
スポンサーサイト
-----------  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
序章 夜明け前
2007-02-28-Wed  カテゴリー: 次回予告

―― それは きっと叶う事のない 遠いあなたとの約束。





刈安色の長い髪 若菜色した綺麗な瞳
純白の翼を羽ばたかせ
あなたはいつも微笑んでいた
遥かな雲のその向こう 天使の住まう空の国から
幼い頃みた絵本のように
地に舞い降りた私の天使


あなたは空から聞いたのかしら
あなたは空から見ているかしら
あなたと走ったあの野原には
今ではお家が立ちました


あの日初めて私に見せた 優しいあなたの泣き顔が
季節が巡った今でも未だ 私の瞼に浮かびます


会えない事は分かっています 仕方がないとも思っています
これが二人のさだめだけれど それでも


刈安色の長い髪 若菜色した綺麗な瞳
純白の翼を羽ばたかせ
この子はいつも微笑んでます
遥かな雲のその向こう 天使の住まう空の国から
幼い頃みた絵本のように
地に舞い降りた私の天使


あなたは空から聞いたのかしら
あなたは空から見ているかしら
あなたを愛した地上の娘に
今では妹が出来ました


この子を見ると思い出す 優しいあなたの泣き顔が
季節が巡った今でも未だ 私の頬をぬらします


この子もやがては試練を終えて 遠いお空へ帰るのでしょう
それが天使のさだめだけれど それでも


支子色の束ねた髪 琥珀色した小さな瞳
純白の翼はないけれど
私はいつも微笑んでます
遥かな雲のその向こう 天使の住まうお空の国を
幼い頃みた絵本のように
窓から仰ぐ地上の娘


あなたは空から聞いたのかしら
あなたは空から見ているかしら
あなたが愛した地上の娘は
今でもあなたを 待ってます



これは唄 子へと継がれるわらべ唄
これは歌 叶わぬ契りを想う歌

これは詩 娘の生涯いのち を綴る詩――


??? などでは断じてありません。
??? 自信作だったです……。
スポンサーサイト
コメント

仲にウィスパーを送る
 
余白 Copyright © 2005 九番目の庵. all rights reserved.
(C)2007 BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。